ちょっとイギリスで大学生やってくる

イギリスの国旗 イギリス U.K
首都: ロンドン
言語: 英語
時差: 日本時間 -9時間
通貨: イギリス・ポンド British Pound
査証: 6カ月以内の滞在は不要
1: 日本食が恋しい: 2009/12/20(日) 04:05:28 ID:Sle9lnKI
よし!日本の大学に希望が見えない俺が、イギリスの大学生を
やってきてみようと意気込んでいる。
日本の大学に受験して受かる学力なんか、日東駒専受験程度しかない。
IELTSは多分5.0。
来年の6月には合否が下されるぞ。
2: 日本食が恋しい: 2009/12/20(日) 04:11:57 ID:Sle9lnKI
今、イギリスで、留学生がこっちの大学に入るために必要な
foundation courseってのを受けてる。
教科は、数学、物理、ICT(computer)、それと英語。
一日7コマの授業で月〜金。
大学ではcomputer scienceを専攻したい。
3: 日本食が恋しい: 2009/12/20(日) 04:17:58 ID:Sle9lnKI
大学にはUCASという機関を通して、もう願書は出した。
俺の、9月〜12月までの成績から付いた、このファウンデーションコースでの
予想スコアはABBという結果だった。IELTSは6.5という予想。
(数学A、他B)
名門校と言われる大学は、低くてAABから受け入れだから、足切りがないことを祈りたい。
4: 日本食が恋しい: 2009/12/20(日) 04:21:49 ID:Sle9lnKI
〜アプライした大学〜
ウォーリック        (AAB) IELTS 6.5
ヨーク           (AAB)     6.0 
キングスカレッジロンドン  (ABB) 6.0
サセックス         (BBB)     6.0
クイーンメリーロンドン   (BCC)     6.0

5: 日本食が恋しい: 2009/12/20(日) 04:24:02 ID:Sle9lnKI
一年間のfoundationからじゃ、オックスブリッジ、インペリアル、UCL,LSEなんかの超一流は
とってくれないから、そうそうに諦めた。
2年間こっちで勉強するA LEVELコース経由じゃないと採らないとさ。
さてさて、どうなるか。finalまで頑張らんと。。
6: 日本食が恋しい: 2009/12/20(日) 04:26:19 ID:Sle9lnKI
ちなみに全て、3年間で学士号がとれるコースにした。
時間と金があったら、もう一年いて修士をとってみたいとも思う。

7: 名無しさん: 2009/12/20(日) 05:33:40 ID:082DivOZ
日東駒専程度の学力じゃIELTS6.5取れないだろ?
まあ、日本の教育受けておいて数学と物理専攻でAを取れないのは難ありだけどね
8: 名無しさん: 2009/12/20(日) 07:58:11 ID:ZSuq1ZWG
日東駒専レベルだとIELTS5.0も怪しいな
あんま頭悪いと大学入ってから苦労するよ
computer scienceは結構大変だよ
9: 名無しさん: 2009/12/21(月) 06:46:35 ID:5JqJEnqw
うーん、じゃあ多分IELTSは4.5位かも、まだ。2月に初めて受けるんだ。
あと半年で6.0取れんかったら、
追試確定or留年かあ・・・ああああ

物理は生まれて初めて勉強してるから、さっぱりわからんくて、日本語の
参考書買うことにする。数学は日本に比べると簡単だった。
10: 名無しさん: 2009/12/21(月) 06:50:41 ID:5JqJEnqw
>>7
日本の大学にいける位ならぽぽーんと行ってる。部活ばっかやってて勉強してなかったから
脳みそに蓄えがない・・まあ、頭スポンジだからこっからだよ。
11: 名無しさん: 2009/12/21(月) 06:54:49 ID:5JqJEnqw
>>8
computer 大変かあ、やっぱり公式の暗記とかが大変なのかな??
日東駒専って、そんな頭悪いの?俺でも受かるかなあ。。w
文系だったから、日本史と英語、国語の文系3教科でなら受験できるw
12: 名無しさん: 2009/12/21(月) 06:58:39 ID:5JqJEnqw
てか今冬休みで日本に帰ってきてる。イギリスに滞在するとなると、エクストラで、週100£も払ってあるお金以外に必要らしくて。
往復チケット約450£だった。

今日は牛丼を食いに行ってみる。あと、回転寿司も食いたい。
13: 名無しさん: 2009/12/22(火) 06:15:13 ID:lkWFzYJL
どのくらい大変かは本屋で立ち読みでもすれば分かるんじゃない?
14: 名無しさん: 2009/12/22(火) 21:54:10 ID:nJJ9kJkI
イギリス留学関連スレ
イギリス留学   
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/world/1213539685/l50
英名門 ロンドン大学 ( LSE,UCL,ICL,etc )   
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/world/1155486734/l50
ロンドンの名門大学(LSE,UCL,ICL)の集い   
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/world/1215876597/l50
英名門Oxford, Cambridge, Durham, LSE
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/world/1146649005/l50
★英名門Oxford,Cambridge,London, Edinburgh★
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/world/1118556280/l50
Bristol, Durham Edinburgh あなたならどれ選ぶ?
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/world/1131635594/l50
イギリスの名門大学を日本の大学に例えると   
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/world/1198590245/l50
15: 名無しさん: 2009/12/23(水) 18:02:23 ID:r0YyxzAA
大変なのに良く頑張っているな。
foundation courseを受けている時点で
入学当初から、IELTS5.0ぐらいの実力はあるだろうから
スコアはそこまで気にしなくても伸びるだろう。

外国人留学生は学費が高い分、入学が容易になるが
ついて行くのは本当に大変だ。
16: 名無しさん: 2009/12/27(日) 07:44:24 ID:USEB5WfG
頑張れ
ファンデーションは習うことが少ないから比較的楽だけど、大学はいってからは大変だよ
理系は課題が多くて大変そうだね
17: 名無しさん: 2009/12/28(月) 23:51:37 ID:Zt7aSTy+
「809」 副島隆彦の「ミネルバの梟(ふくろう)は夜、飛び立つ」論。

私が原著は12年前に書いた本である「決然たる政治学への道」(弓立社=ゆだちしゃ=刊、2002年)の
P.174に、「本当は学問の体系はこのようになっているの表」で、私は、はっきりと、「フィロソフィー
(×哲学と訳すのは嫌いだ。知恵の学)と数学は、神学(セオロジー、テオロジー)の下女、はしためである」
そして、「サイエンス(ヨーロッパ近代学問)と、この神学が、大きく闘うのである」と書いた。
神学(セオロジー)は日本人には分からない。「神学論争」なる言葉は、日本語になっているが、その中身を
日本人で分かる者はいないだろう。そして、その下に、初級学問=下等学問としての、ヒューマニティーズ
(人文、じんぶん、人間の文字による記録、石碑、古文書の解読、文学部の世界)があるのだ、と書いている。 

「数学は、神学の下女」なのだ。これは、ヨーロッパの学問の体系の中では、はっきりしていることだ。
数学は、決して自然科学(しぜんかかく、ナチュラル・サイエンス)には、所属しないのだ。
ただ道具として多用される。私、副島隆彦がこのように書いて、まだ反論したり、何か異論を唱えることの
出来る、日本人は、誰でもいいから、名乗りを挙げて出来てください
18: 名無しさん: 2009/12/28(月) 23:54:22 ID:Zt7aSTy+
私は、フランシス・フクヤマの本を読んでいて、これだけは、書き留めておきたくなったなあ、
ということがある。それはネイティビズム対ビヘイビアリズムの巨大な対決ということだ。
ネイティビズム「固有主義あるいは生来主義」とビヘイビアリズム「(アメリカ)行動(科学)主義」
の対決ということだ。
このネイティビズムとビヘイビアリズムの対決は近代(現代)学問500年の、成否を決するぐらいの大きな
大決だ。このことを日本の知識人のほとんどが知らない。
このネイティビズム対ビヘイビアリズムの対立というのが西洋学問で、一番大きな対立図式だ、ということを、
日本の知識人でしっているのは、私の他に、この国に何人いるだろうか。
(中略)
私は日本の知識人で、世界基準だと考える優れた学者には、すでに弟子入りしている。
だからそれ以外は、みんな、アホ扱いすることになる。本当にそう思っている。
私は好き嫌いの感情で動かされる人間ではない。世界水準に達して優れている学者と、
そうでないもの、は、はっきりと点数がつくぐらいに区別がつく人間だ。
(中略)
ネイティビズム対ビヘイビアリズムの対立、というきわめて簡単な図式が分かると、
もしかしたら私の読者でも、一気に、ひらめくように、この世界がどのようになっていて、
どのように人間(人類)は考えてきたのか、とか、この近代500年の西洋学問(サイエンス)の
全体像が、ハッと分かるかもしれない。
副島隆彦「属国日本論を超えて」P51〜52
19: 名無しさん: 2009/12/28(月) 23:55:27 ID:Zt7aSTy+
(副島隆彦の学問道場「今日のぼやき」[2000.3.6]より引用)
宮台真司(みやだいしんじ)君や、その他のまだ、ポストモダンを 言っている人たちがいるようですが、残念ながら、
もう世界規模では捨てられた思想です。今の 37歳ぐらいから上の人間が、感染している病気です。
東なんとか君の本など、どうせ何をいいたいのか、なにを、かいているのか、わけがわかりませんから、ご心配なく。
はじめから、この人たちは「読者にわけが分かるようには」書きません。

「 大正デモクラシー」のころの(ロシア・ボルシェビキ革命の世界的、影響です)からの「新カント学派」の影響で、
とにかく訳(わけ)が分からないように書く。読者より自分の方が頭がよいように思わせるように書く。
これが、この手の人たちの本性です。愚劣きわまりない伝統であり、日本知識人の劣勢遺伝子のかたまりです。
室町・鎌倉期の五山(ござん)の僧侶たちも、こうだったのでしょう。 かれらは、仏教の坊主(僧)だったのに、
何と朱子学(南宋学、儒学)の本をよんで、分かった振りをしていた、おもしろい人たちでした。
これと、今のおフランス思想かぶれの残党たちは、よく似ています。
じつは、フランスでも一番頭のいいのは、ドゴール主義者(ゴーリスト)の政治知識人たちです。ゴーリストたちは、
フーコーらのような、人文(じんぶん)主義の衒学(げんがく)趣味ではなく、本気で「どうやったら自分たちは
アメリカの支配から脱出できるのか」を国家戦略研究所に集まって、研究しつづけているのです。

 日本人のような、東アジアのモンゴリアン・インディアンには、フーコーぐらいが、文化輸出するのに、丁度いい、と、
考えていたのです。フーコー自身が、来日したとき、「ク、ク、ク」とわらいながら、そういうことを、吐いています。
(引用おわり)
20: 名無しさん: 2009/12/28(月) 23:56:37 ID:Zt7aSTy+
音楽やら芸術の教養を積んだ日本人ならたくさんいる。相当な経験と知識量の人々がいる。ところが政治
思想が分からない。そもそも世界基準での政治思想の初歩さえ全く分かっていない人間の群れが、私たち
日本人なのである。世界基準での音楽の素質や各種の芸術に対する教養人が日本にはたくさんいる。
だから決して無教養ではない。ところが政治思想(ポリティカル・ソート)というのが全く理解できて
いないのが知識人、学者を含めて日本ののエリート階層である。だから、「深い教養がみについていれば
欧米人と対等に付き合える」という言い方だけは日本でも言われてきたが、ちっともうまくいってない。
「日本人は世界基準での政治思想なるものが系統だって分かってないから、アジア諸国の知識人たちほど
にも欧米人から対等に相手に扱われないのだ」とはっきり気づき、公言する日本人は私以外には、まだ
いないはずである。
少なくとも、十八、十九世紀のイギリスの大思想家であるジョン・ロック主義(ロッキアン)と、
エドマンド・バーク主義(バーキアン)と、ジェレミー・ベンサム主義(ベンサマイト)の、
この三派の大思想の大柄の対立ぐらい、しっかりと分かってないと、向こうの高校生並みにさえ
扱ってもらえないのである。日本の文科系の知識人の思考にはとにかく「論理に系統性」がないのである。

副島隆彦「ハリウッド映画で読む世界覇権国アメリカ」
21: 名無しさん: 2009/12/28(月) 23:58:11 ID:Zt7aSTy+
日本人にはイギリス人は同じように思われているが、そうではない。彼らは各々国が違うのだ。グレート・ブリトン・
アイランドに住む人としは同じなのだが、 イングリッシュとスコティッシュとアイリッシュと、あと一つウェールズ人
を加えて、この四つの国民が激しくいがみ合ってる。
ここで、私は、アイリッシュ(アイルランド人)はイングリッシュから現在でも激しく差別され虐げられており、
この微妙な感情は、日本社会における韓半島出身者や歴史的被差別民への感情とまったく同じものだと、あえて
はっきり書く。このことが理解できれば、北アイルランド紛争とは何か、ひいてはアイリッシュとは何かが、
日本人にも理解できるのだ。

副島隆彦 「ハリウッド映画で読む世界覇権国アメリカ」より抜粋
22: 名無しさん: 2009/12/29(火) 00:00:11 ID:Zt7aSTy+
この本は、今の時代には珍しく極端に政治的な本である。
『地獄の黙示録』や『ゴットファーザー』、あるいはクリント・イーストウッド、オリバー・ストーン、スパイク・リーなどの監督作品は、
ハリウッドで制作された商業映画でありながら、アメリカ知識人の文脈では「政治映画」というジャンルに分類される。
本書はこれらの優れた政治映画映画を導きの糸として、そこから、欧米の白人社会内を分断するカトリック対プロテスタントの
激しい対立や、リベラル対保守という政治的対立のほんとうの意味を、明らかにしていく。なぜなら、そこにアメリカ社会を理解
するための確信があるからだ。
同時に、欧米の白人社会の間にプロテスタントとカトリックという深い対立と差別の構造があることが本書によってはじめて
明らかにされる。こんなことは欧米の知識人の間では常識なのだが、彼らは絶対にそのことを口にしないから、日本人は
これまで誰もはっきりと理解できなかったのだ。

副島隆彦 「ハリウッド映画で読む世界覇権国アメリカ」より抜粋
23: 名無しさん: 2010/01/01(金) 10:41:57 ID:sATPy0Yg
>>1 に聞きたいんだが、何故アメリカじゃなくてイギリスを選んだの?
24: 名無しさん: 2010/01/02(土) 18:03:29 ID:kIkEBBKj
>>23
田舎臭いアメリカ訛りなんて覚えたくないだろ
25: 名無しさん: 2010/01/04(月) 22:38:20 ID:yysF0DHm
>>23
イギリスの大学の方が受かりやすいからでしょ。
学部だとファウンデーションコース経由で入れるからイギリスの方が受けやすい。
アメリカはそんな準備コースは無いから日本にいる間にSATとTOEFLを基準の点に引き上げる必要があって
そんだけの学力があれば早慶あたりには受かる。
コミュカレを経由して4年制に編入する裏技はあるが、
1年生から4年制大学のそれなりに名が通った大学に通うのは不可能に近い。
26: 名無しさん: 2010/01/04(月) 23:14:18 ID:7Zwd7fFl
Japan Todayというネット新聞がある。
http://www.japantoday.com/
もともと在日英国人夫婦が始めたビジネスだが、数年前に香港の会社に売却したようだ。
同紙にはJapan Today Forumなるものがあり、ハロウイーンに山の手線で騒ぐような輩が跋扈している。
出会い系サイトも同時に運営している。
肝腎のJTの紙面作りがひどい。自らのの取材能力はゼロだから、配信記事あるいは他紙の記事を、ちょん切って、
ヘッドラインには、常に日本のマイナスイメージを惹起するような記事を持ってくる。当然捕鯨に関する記事はSS寄り、 
WAI WAI同様に三流雑誌のゴシップ、下ネタ、変態記事も健在だ。

日本の一般大衆の目に触れ難いことをいいことに、好き勝手な情報を世界中にばらまいている。
鉄槌が必要だな。 英国ってめちゃくちゃ反日なのに意外と知られてないから困る。
反日記事ってのはだいたいイギリスで書かれてそれがアメリカに行き、最後に日本・中国・朝鮮に
来る。このレイシストどもを世論の力で壊そう。
27: 名無しさん: 2010/01/05(火) 02:11:33 ID:aziD5z0T
そもそも英語圏、というと真っ先にアメリカが頭に来てしまうからそこら辺なんだよね。

オーストラリアに至っては首相の名前すらほとんど誰も知らん。
28: 名無しさん: 2010/01/05(火) 04:23:04 ID:bW2L5IQG
バカ自慢されても。
29: 名無しさん: 2010/01/07(木) 08:10:56 ID:AKrVEcYB
こっちの大学でまともな成績で卒業したいならIELTSで6.5ギリギリレベルではきついと思うけどな
入学だけなら確かに大抵の所が大丈夫だけど

2.2とか3でもいいってのなら問題ないと思うけどね
院も視野に入れて学士から始める人は特に気をつけないと、2.2とかで卒業したらろくな院にいけないよ
30: 名無しさん: 2010/03/27(土) 13:48:04 ID:ApWbX2BT
誘導
イギリス留学
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/world/1213539685/
31: 名無しさん: 2010/08/03(火) 10:06:48 ID:kFC9J624
>>29
日本人だと現地にずっと住んでいる人じゃないと2.1以上行くのは相当大変だと思うな。
院の話だけど東大学部をかなり良い成績で卒業した人(上位5%ぐらいだったと言っていた)がこっちに来て結局ぎりぎりパスの成績で卒業していた。
日本語で授業を受けていれば同じようにトップクラスで卒業できただろうからやっぱ英語力の差が成績にダイレクトに影響するな。
32: 名無しさん: 2010/10/20(水) 06:33:50 ID:Ikc44YUv
西岡の難敵ムンローにフーリガン応援団 - 格闘技ニュース : nikkansports.com
http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20101019-691799.html
33: 名無しさん: 2010/11/09(火) 11:03:30 ID:1cgdcl+N
イギリスに留学したいんだったらここのサイト結構使えるよ
つ http://burinama.blog115.fc2.com/
34: 名無しさん: 2010/12/04(土) 08:09:00 ID:kg72IPHy
ごめんなさい、スレ立てたのはいいけど、誘導されて以来全く来てなかった。
でも他のイギリス留学スレが全部落ちてるって、、どうしたらいいでしょ?
ちなみに6月の卒業試験の成績はABBの、IELTS6.0だった。数学Aだったから、なんとかなるかな。
今は日本の病院入院中で、イギリス大学入学は一年延ばして来年にする。電子工学専攻でUCAS再アプライ中。
35: 名無しさん: 2010/12/22(水) 20:49:21 ID:b3GJ+v64
>>34>>1さん?
俺もイギリスの大学に正規留学しようと思ってる社会人なんだけど、
あなたが通っているファウンデーションコースは大学附属のものと私立のものどっち?
36: 名無しさん: 2010/12/27(月) 21:57:03 ID:ofj+DxyV
>>35
こんにちは。
はい、34=1です。
”イギリス留学”っていうスレに移動して、707で書き込みをしたので参考にしてみて下さい。
ちなみに私立でした。
37: 名無しさん: 2010/12/28(火) 18:20:32 ID:b5cN/450
>>36
ありがとうございます。
そちらのスレで再度質問させていただきますね。
38: 名無しさん: 2011/01/19(水) 01:39:10 ID:m9+G8qOh
イギリスにおいて一年中で一番日本という国が注目されるのは八月十五日の「VJ Day」。
VJとは「Victory over Japan」の略で、つまり対日戦勝記念日。普通、日本に住んでいる日本人は
そんな日がイギリスで毎年祝われているのも知らずに済むわけですが、イギリスの歴史上、大事な日なのであります。
毎年VJ Dayの時期になると、在英日本人は肩身の狭い思いをする。「日本はビルマで英人捕虜を虐待した」
「シンガポールで民間英国人を勾留し、女性をレイプした」「日本は英人捕虜一人あたりたった七十六ポンドの賠償金を
支払って澄ませたつもりでいる」等々の非難が日本に対してつきつけられ、テレビは特集番組を流すし、やせ衰えて
飢え死に寸前の英人捕虜の写真も出回り、新聞各紙も「日本謝れ」の大合唱。
〜中略〜
日本が糾弾されているポイントを主要な点に絞ってまとめてみよう。
(1)日本はアジア諸国を侵略し、史上最悪の戦争犯罪(南京大虐殺)を犯したうえ、
シンガポールなどで英系民間人を抑留して虐待した。
(2)日本はパールハーバーを宣戦布告もなしに奇襲したうえ、ビルマやインドで収容した英軍捕虜を非人道的に扱い、
残虐な行為でその多くを死に至らしめた。
(3)日本は戦後もなんら反省することなく、英人捕虜に対して十分な償いも謝罪もせずに現在に至っている。
彼らの意識を要約すると、「日本はナチスより残酷な国民」で、「ヒロヒトはヒトラーより悪いやつ」ということに
なるのである。
イギリスはドイツと戦い、ヨーロッパを解放した(とイギリス人は認識している。フランスやベルギーを救ったのは我々だ、と。)
彼らにしてみればあれはヒトラーという悪に対する正しい戦争で、ついに正義は勝った。
だから毎年大いばりで勝利を祝う。 アメリカも日本と言う悪に対する正義の戦争には勝ったけれど、その後の朝鮮とベトナムで
「アメリカは常に正しい戦争をしている」という確信は揺らいでしまった。
一方イギリスの「我らはいつも正しいのだ信仰」は、その後のフォークランド紛争もイラク爆撃も「正義の戦争」とすることで
簡単にクリアしてしまった。
引用元 (一部省略あり)
緑ゆうこ『イギリス人は「理想」がお好き』http://www.amazon.co.jp/dp/431400911X
39: 名無しさん: 2011/02/09(水) 02:17:48 ID:9uARJJB/
>>38
イラク戦争はいい薬になったかな?
40: 名無しさん: 2011/03/11(金) 08:57:09.16 ID:ICHVFh+z
私は結婚永住組でStudent Support が貰える身になったので軽い気持ちで
大学進学を思いつてやってみた。でも、いきなり受けたIELTSが6.5でこちらで取った
セラピストの資格と5年の経験でファウンデーションコース免除で入った
スポーツ科学のフルタイムコースは超きつかった。
論文等の作成は仕事を休んで時間をかければいいんだけど、
試験やプレゼンになると本来の英語力に左右されて、6.5じゃにっちもさっちも
行かなくなる時が度々あった...
英語力とファウンデーションコースって大事かも...

もちろんフルタイムで仕事もしていたんだけど
日本で中学から私立で、何の苦労も無く大学へ行って青春を満喫していたので
こちらでの大学の三年間は人生最大の苦難...と戦った気分。

皆頑張って!卒業式に着るガウンは重いけど鼻高々よー!!
41: 電脳プリオン 忍法帖【Lv=40,xxx..: 2013/03/02(土) 17:48:31.13 ID:jdvz2pZJ BE:81082324-PLT(12080)
在学中?
42: 名無しさん: 2013/03/10(日) 06:49:24.49 ID:/TadME8j
>>39
プリオン脳が反省するわけ無いじゃんwww
43: 名無しさん: 2013/06/11(火) 20:57:53.36 ID:c5hXcNbe
そんな気軽に

関連スレッド

ページトップ