ゆらり散歩世界の街角:2ch旅行ログ

ゆらり散歩世界の街角

1: さ る く: 2011/06/12(日) 13:00:14.98 ID:1SKt6ilp0
■ゆらり散歩世界の街角■

世界各地のさまざまな「街」をゆったりと巡りながら、街並みや観光名所、グルメなどを紹介。
http://www.bs-tbs.co.jp/app/program_details/index/KDT1003300
52: 異邦人さん: 2011/06/27(月) 16:10:43.97 ID:L3wbiJNI0
#44「デルフト〜フェルメールが映した時の輝き」
今回の舞台はオランダの古都デルフト。
ここは「光の画家」と呼ばれるフェルメールの故郷。
彼はこの街からほとんど出ることなく43年の生涯を送った。
街中のそこここに、彼が描いたと思われる風景が今もそのままの姿をとどめている。
53: 異邦人さん: 2011/06/27(月) 16:16:44.65 ID:L3wbiJNI0
#45「マカオ〜南蛮文化の香る港町」
今回の舞台は「東洋のラスベガス」と呼ばれる不夜城マカオ。
近年までポルトガルの統治下にあったこの地は東西貿易の中継地として発展を遂げていた。
街には中国大陸文化の雰囲気と大航海時代の面影が交差する。
そんな魅惑の街を歩く。
54: 異邦人さん: 2011/06/27(月) 16:21:15.40 ID:L3wbiJNI0
#46「マントン〜ピカソとコクトーが残した南仏へのメッセージ」
芸術を軸にコート・ダジュールの街を紹介。
ジャン・コクトーが暮らしたマントン。ここでコクトーは城を美術館に変えた。
ピカソが暮らしたヴァロリス。ここでピカソは陶芸に夢中になった。
そして、友人関係にあったコクトーとピカソ。
絵画、詩人、紺碧の海…様々な美に彩られた南仏の風景を歩く。
55: 異邦人さん: 2011/06/27(月) 16:30:34.96 ID:L3wbiJNI0
#47「グアナファト〜美しき彩りのコロニアル都市」
今回はメキシコの中央高原にたたずむ中世の街グアナファトが舞台。
曲がりくねった小路や入り組んだトンネルなどが幾重にも折り重なる迷宮のような街並みは
1988年に世界遺産にも指定されている。
そぞろ歩きの楽しさを再発見しよう。
56: 異邦人さん: 2011/06/27(月) 16:31:39.48 ID:L3wbiJNI0
#48「画家がとらえた彩りのヨーロッパ」
今回は多数の名画の舞台となったヨーロッパのさまざまな都市を巡り歩く。
フェルメール、ゴッホ、ユトリロ、ミケランジェロ…
画家たちが愛し、夢見て、キャンパスに彩った「色と光の風景」を訪ねる。
57: 異邦人さん: 2011/06/27(月) 16:40:37.47 ID:L3wbiJNI0
#49「ハバナ〜ヘミングウェイが愛した街」
今回はカリブ海に浮かぶキューバの首都ハバナが舞台。
ゲバラが躍動しカストロが君臨した革命の島は、文豪ヘミングウェイが愛した地でもあった。
「老人と海」「海流の中の島々」などの名作を生んだ街を歩き彼の足跡を辿る。
58: 異邦人さん: 2011/06/27(月) 16:43:39.39 ID:L3wbiJNI0
#50「ホバート〜19世紀の面影を追って」
今回はオーストラリア・タスマニア島の古都ホバートが舞台。
豪州ではシドニーに次いで2番目に開けた港町は、当時の面影を今もそのままに残している。
大自然と美しい海に抱かれて、ゆったりと過ごす人々の姿を追って歩く。
59: 異邦人さん: 2011/06/27(月) 16:47:24.72 ID:L3wbiJNI0
#51「キト〜太陽の民が愛した赤道の都」
今回は南米・エクアドルの首都キトが舞台。
赤道直下のこの街では様々な不思議な現象が見られる。
400年前の植民地時代の教会や建物が今もたたずむ美しい街並みは世界遺産にも登録されている。
アンデスの香り漂う街歩きを楽しむ。
60: 異邦人さん: 2011/06/27(月) 16:56:37.18 ID:L3wbiJNI0
#52「フェズ〜迷宮に絡めとられて」
世界一複雑な迷路の町、フェズ・エル・バリ。
道は狭く、起伏に富み、坂が多いため、輪送の手段はいまだロバや馬。
そんな道を人々はやっとすれ違う。
歩き回るうちに、同じ場所をくるくると回っているような錯覚に陥る。
旧市街は世界遺産にも登録されている。
そんなフェズを巡る。
61: 東電は超大型のオウム: 2011/06/28(火) 09:41:21.29 ID:nHXjpM4X0
#53「ミュンヒェン〜ナチスの壮麗なる夢を育んだ闘争の街」
悪の根源英仏の資本主義への正統なる反動ナチズム。ナチスの拠点のひとつであり
ナチドイチュ空軍の軍馬メッサーシュミット戦闘機の生産拠点だったミュンヒェン
を訪れ、ナチスの壮麗なる夢と先進技術の残り香を味わいます。
 参加者は最後に米穀共和党と世界各国の米の手先エージェントである大学教授・
議員・官僚・文化人たちへの呪詛をみなで行います。
62: 異邦人さん: 2011/06/28(火) 13:09:30.55 ID:JyQJeCVw0
この人文章うまいね
63: 異邦人さん: 2011/06/28(火) 13:25:27.58 ID:f4Nv0B2w0
HPからのコピペじゃん。
64: 異邦人さん: 2011/06/30(木) 23:20:07.08 ID:wa5V8EEJ0
#53「メキシコシティー〜アートを生み出す光と影の都」
今回はメキシコの首都メキシコシティーが舞台。
アステカ族とスペイン人・・・
2つの文化が今も混在する魅惑の街は奔放で猥雑なアートが点在する都市でもあった。
強烈な陽光と、それが生み出す漆黒の影が彩るコントラストを楽しみながら歩く。
65: 異邦人さん: 2011/06/30(木) 23:21:16.70 ID:wa5V8EEJ0
#54「ヒューストン〜宇宙に一番近い町」
今回はアメリカ・テキサス州のヒューストンが舞台。
アポロ計画の月面有人飛行の際に有名になったのが「こちらヒューストン!」の呼びかけ。
そう、この街は今も多くの宇宙飛行士が過ごす「宇宙に最も近い町」。
人類の果てしなき宇宙への夢に今も抱かれるその街を歩く。
66: 異邦人さん: 2011/06/30(木) 23:23:52.26 ID:wa5V8EEJ0
#55「バルパライソ〜潮風が薫る天国の谷」
今回は南米・チリの港町バルパライソを歩く。
「天国の谷」という名の通り緩やかな丘陵に囲まれた美しい街並みは世界遺産にも登録されている。
彩色を施した壁画で彩られた家々が立ち並ぶアートの街でもある。
19世紀の雰囲気をとどめる街をゆらりと歩く。
67: 異邦人さん: 2011/06/30(木) 23:25:50.68 ID:wa5V8EEJ0
#56「レスボス〜エーゲ海をはさむ『もう一つの世界』」
今回はギリシャのレスボス島が舞台。
古代ギリシャの女流詩人サッフォーを生んだこの島に魅せられたのは作家・村上春樹。
のどかな雰囲気に包まれたこの島は、一方で「人口交換」という悲しい歴史に彩られた島でもあった。
エーゲ海をはさむ2つのそっくりな街を歩く。
68: 異邦人さん: 2011/06/30(木) 23:27:53.83 ID:wa5V8EEJ0
#57「キングストン〜カリブに浮かぶレゲエの故郷」
今回はカリブ海に浮かぶジャマイカのキングストンが舞台。
黒人文化に彩られたこの島は、言うまでもなく「レゲエ」音楽の生まれ故郷。
その源となったのが音楽を通じて自由と平和を訴え続けたボブ・マーリー。
彼の足跡を追い、彼の思いを辿りながら楽園の島をゆらりと歩く。
69: 異邦人さん: 2011/06/30(木) 23:29:24.61 ID:wa5V8EEJ0
#58「ダラス〜ケネディのラストパレード」
今回はアメリカ・テキサス州のダラスを歩く。
言うまでもなくJFK=ジョン・F・ケネディ大統領暗殺の舞台となったこの街。
事件当日の大統領の歩みを今一度再現してみよう。
悲劇にまつわるエピソードを織り交ぜつつ、今もJFKに思いを馳せるダラスの街を描く。
70: 異邦人さん: 2011/06/30(木) 23:31:20.94 ID:wa5V8EEJ0
#59「バララット〜世界を虜にした黄金の荒野」
今回はオーストラリアのバララットが舞台。
1850年代、この街はゴールドラッシュによって一気に発展した。
世界中から一攫千金を狙う男達が集まる夢の地となったのだ。
自由と富を求めて集まった移民達が形造り守った街、そんな息吹を今も街並みから感じることができる。
71: 異邦人さん: 2011/07/21(木) 05:51:57.99 ID:4UeDk57k0
#60「チョンジュ〜韓流、その心のふるさと」
今回は韓国南西部の街チョンジュ(全州)が舞台。
李氏王朝ゆかりの歴史的建造物が立ち並ぶどこか懐かしい街並みが今も大切に保存されている。
そして韓国を代表する「食」ビビンパやマッコリもこの地の名物だ。
そう、この街は今も「韓流」文化の源流が流れる静かな歴史の古都なのだ。
72: 異邦人さん: 2011/07/21(木) 05:54:03.45 ID:4UeDk57k0
#61「スペイン・イビサ〜夕日に染まる享楽の島」
地中海のスペイン領バレアレス諸島・イビサ島。
ヨーロッパ諸国から多くの人々がChill outを求めてこの島にやってくる。
「Chill outとは、心や体の熱い火照りをさます」というような意味。
そんな旅人が、6月から9月のハイシーズンにこの島に押し掛ける。
イビザの歴史・・・それは、古代の航海の民フェニキア人やローマ、カルタゴなどに影響された。
中世はイスラムが支配し、その後スペインの支配下となる。
イビサが世界中から注目されるのは、この島がヨーロッパのヒッピー文化の中心となってから。
その後、英国で盛り上がっていたセカンド・サマー・オブ・ラブ世代のDJ達がこの島に押し掛け、
若者たちのパーティー・アイランドとして爆発的な発展を遂げた。
そんなイビザを有名にしたもう一つのもの、それは、世界一美しいと形容される夕日。
イビザの夕日の名所café del marを訪ねる。
夕日が沈み空の色が変化してゆくのにあわせて、ゆったりした音楽が流れる。
ここは、Chill out musicが聞けるcafé。
都会の喧騒に疲れ、火照った心や体を癒してくれる音楽、そして美しい夕日。
イビザ、世界一の夕日が沈む街をゆらり散歩。
73: 異邦人さん: 2011/07/21(木) 10:01:30.58 ID:4NhmnjlB0
ここって常連以外カキコ可能ですか?
74: 異邦人さん: 2011/08/04(木) 15:06:38.62 ID:Y+B1+Cdh0
#62「キーウェスト〜ヘミングウェイが愛した楽園」
今回はアメリカ最南端の南国の島キーウェストが舞台。
フロリダ半島からいくつもの橋を経てたどり着いたそこは、
「パパ」と呼ばれた文豪ヘミングウェイが愛した島。
波乱の生涯を送った彼はこの地で「最も幸福だった」とされる時期を過ごした。
南国の風に吹かれながら彼の足跡をたどる。
75: 異邦人さん: 2011/08/04(木) 15:07:17.75 ID:Y+B1+Cdh0
#63「フィレンツェ〜花嫁に捧げた祝祭の都」
今回はイタリア・トスカーナ地方の古都フィレンツェ。
「花の都」とも呼ばれる美しい街並み、実は500年前に
ハプスブルク家から嫁いできたある花嫁のために計画的に造られたものだった。
この街を祝祭の都として演出した男とは…。
ルネサンス文化発祥の都を、不世出の都市演出家の歩みと共に取り上げる。
76: 異邦人さん: 2011/08/15(月) 00:13:20.05 ID:kMxzbER30
#64「エディンバラ〜美しい街に潜むものがたり」
今回はスコットランドの首都・世界遺産の街エディンバラが舞台。
ベストセラー「ハリー・ポッター」を生んだエディンバラは、
魔女やゴーストなど数多の伝説に彩られ、訪れた者の想像力をかきたてるた不思議な街。
さあ、ファンタジーとミステリーの世界へと迷い込んでみよう。
77: 異邦人さん: 2011/08/24(水) 03:53:14.24 ID:f7gvKufqO
エディンバラの回で初めて見たけど、音楽もいいし面白かった。

ふれあい街歩きより好きかも。
78: 異邦人さん: 2011/09/02(金) 14:43:20.83 ID:lZa7lTsq0
#65「ライデン〜江戸文化薫るオランダの古都」
今回はオランダの古都ライデンが舞台。
中世の雰囲気を今に残すこの街は、江戸末期、長崎の出島に住んだ医師シーボルトが帰国後に居を構えた街。
彼が持ち帰った当時の貴重な逸品が街の博物館に展示されている。
そして今も日本語を学ぶ学生達が・・・。
異国で出会う不思議なニッポンを堪能する。
79: 異邦人さん: 2011/09/02(金) 14:46:56.05 ID:lZa7lTsq0
#66「ベネチア〜標なき水路の迷宮」
小説家ヘミングウェー、音楽家ワーグナー、同ストラビンスキー・・・男たちがひきつけられた町、イタリア・ベネチア。
人間の血管のように張り巡らされた細い水路を、血液のように、人は船に乗って移動する。
朝は一杯のワインから始まり、夜はカクテルで終わるこの町は、よいどれ天国。
絶えずとどまらない海の水、心地よい酔いを約束してくれる酒・・・男たちが魅せられた「水の現場」を歩く。
ヘミングウェイが第2の家としたバー・ハリスには、彼が愛したベリーニと真っ赤なカルパッチョのレシピがいまも残る。
ワーグナーがなくなった、大運河に面したベネチア貴族の邸宅の、一台のソファ。残された曲。
そして、亡くなったらここで眠りたい、と臨んだストラビンスキーは、いま望みどおりベネチアの海に囲まれた「墓地の島」に横たわる。
自由でいて、一度その魅力に取り付かれたら逃げ出すことができない、揺らぎの島をゆらり。
80: 異邦人さん: 2011/09/02(金) 14:49:37.57 ID:lZa7lTsq0
#67「ショプロン〜自由を紡ぐ国境の地」
今回はハンガリーの古都ショプロンが舞台。
オーストリアとの国境に接するこの街は、馬蹄形の城郭に囲まれた中世の雰囲気を今に残す。
古くから交易の中心として栄えた街にはローマ時代に造られた古道や城壁などが今も残る。
そして国境の街ならではのさまざまな歴史に翻弄されてきた。
81: 異邦人さん: 2011/09/13(火) 12:00:14.81 ID:pHdw2AKH0
もう更新しないの?
それとも番組の都合?
ここ読むの好き
82: 異邦人さん: 2011/09/28(水) 03:27:53.35 ID:/KRSunRA0
#68「ヴィリエ・ル・バクル〜フランスの森に息づく異端の美」
今回はフランス・パリ郊外の静かな森の中の田舎町ヴィリエ・ル・バクルが舞台。
「フランスの庭園」とも呼ばれるこの街は、かの地で大成功を修めた
「レオナールフジタ」こと藤田嗣治が晩年を過ごした静かな町。
日本の国を捨て日本人を遠ざけながら、その実、浪曲を愛した異端の画家の足跡を辿る。
83: 異邦人さん: 2011/09/28(水) 18:50:34.78 ID:/KRSunRA0
#69「ローマ〜永遠なる帝国の栄光」
今回はイタリアの首都ローマが舞台。
「世界の道はローマに通ず」と謳われ古代帝国の栄華を欲しいままにしたローマ。
街は今も、悠久の歴史の積み重ねの上に建てられている。
この街を「世界の首都」と呼んで愛したゲーテの作品を巡りながら
古代遺跡群を訪ね歩き帝国の繁栄の歴史に思いを馳せる。
84: 異邦人さん: 2011/10/10(月) 21:57:02.30 ID:a/N4yEPLO
こんなんあるんだねー!ナレーションはイマイチだけど、アイディアは面白いから今後の成長に期待!
http://m.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&client=mv-google&v=GxEibHCUHtA
85: 異邦人さん: 2011/11/04(金) 00:08:34.76 ID:fJoGjUgE0
#70「リバプール〜ビートルズ永遠のステージ」
今回はイギリスの港町リバプールが舞台。
そう、言うまでもなくあの「ビートルズ」を生んだ故郷。
街のそこここに彼らが親しみ、歌に詠み込んだ世界が今も残る。
番組はポール・マッカートニーの独占最新映像、「ビートルズになれなかった男」
ピート・ベストのインタビューを織り交ぜ、ファン必見の内容だ。
86: 異邦人さん: 2011/11/22(火) 20:18:14.21 ID:dUyLERCR0
#30「ザルツブルク〜モーツァルトが奏でる名曲の故郷」 (’11年11月22日放送)の、
日本人女性オペラ歌手ってどなたですか?
87: 異邦人さん: 2011/12/01(木) 20:46:58.74 ID:bY4i+ypN0
#71「ベルリン〜街に刻まれた“オスタルジー”」
今回はドイツの首都ベルリンが舞台。この街で今流行している言葉は「オスタルジー」。
「東」を意味する「オスト」と「郷愁」を意味する「ノスタルジー」を掛け合わせた造語だ。
東西ドイツ統一から20年余り。暗く重苦しく、でも少し懐かしい「あの頃」を辿る。
88: あぼーん: あぼーん
あぼーん
89: 異邦人さん: 2012/01/28(土) 13:14:08.48 ID:fhygV4SD0
age
90: 異邦人さん: 2012/06/17(日) 10:58:26.74 ID:c4Sb8uwS0
age
91: 異邦人さん: 2012/06/23(土) 09:28:36.67 ID:BbAe4tpa0
この番組、まだやってる?
92: 異邦人さん: 2012/08/12(日) 10:49:48.97 ID:vUY75fIJ0
age
93: 異邦人さん: 2012/10/23(火) 18:47:13.76 ID:f3teQk4n0
age
94: 忍法帖【Lv=5,xxxP】(1+0:10) : 2013/02/17(日) 01:14:25.13 ID:qIg1ZUxr0
てすと
95: 忍法帖【Lv=3,xxxP】(2+0:10) : 2013/03/26(火) 02:08:40.20 ID:PMDsC6jX0
test
96: 忍法帖【Lv=37,xxxPT】(6+0:10) : 2013/05/04(土) 02:14:08.48 ID:c543Hpqn0
test
97: 異邦人さん: 2013/07/25(木) 20:19:01.44 ID:ZIKzdp9P0
>大阪府三島郡島本町の小学校や中学校は、暴力イジメ学校や。
島本町の学校でいじめ・暴力・脅迫・恐喝などを受け続けて、心も身体も壊されて廃人同様になってしもうた僕が言うんやから、
まちがいないで。精神病院へ行っても、ちっとも良うならへん。教師も校長も、暴力やいじめがあっても見て見ぬフリ。
そればかりか、イジメに加担する教師もおった。 誰かがイジメを苦にして自殺しても、「本校にイジメは
なかった」と言うて逃げるんやろうなあ。
島本町の学校の関係者は、僕を捜し出して口封じをするな

>島本町って町は、暴力といじめの町なんだな

>「口封じ」なんかしません。どうぞ、気が済むまでお書き込み下さい。


 島本町は日本の恥!島本町は日本の迷惑!
98: 異邦人さん: 2013/12/13(金) 08:37:48.38 ID:ezSDtogW0
age
99: 異邦人さん: 2014/01/22(水) 23:16:24.45 ID:NsRcbLKk0
保守
100: 異邦人さん: 2014/02/19(水) 22:58:21.26 ID:yhPmFNXb0
age

関連スレッド

カテゴリ
東アジア
東南アジア
西南アジア
中東
アフリカ
西欧
北欧
東欧
ロシア・NIS諸国
北米・ハワイ
中南米・カリブ
オセアニア
海外旅行全般
現行スレッド
過去ログ
タグ
アイスランド アイルランド アゼルバイジャン アフガニスタン アメリカ アラブ首長国連邦 アルバニア アルメニア イエメン イギリス イスラエル イタリア イラン インド インドネシア ウクライナ ウズベキスタン エクアドル エジプト エストニア オーストラリア オーストリア オランダ カナダ 韓国 カンボジア 北朝鮮 キプロス キューバ クロアチア ギリシャ グアテマラ グアム ジョージア ケニア サイパン シリア シンガポール スイス スウェーデン スペイン スリランカ ソマリア タイ 台湾 タヒチ タンザニア チェコ 中国 チュニジア チリ デンマーク トルコ ドイツ ニューカレドニア ニュージーランド ネパール ハワイ ハンガリー バハマ バルバドス バングラデシュ パキスタン パラオ フィジー フィリピン フィンランド フランス ブータン ブラジル ベトナム ベラルーシ ペルー ボリビア ポルトガル 香港 マカオ マリ マルタ マレーシア 南アフリカ ミャンマー メキシコ モザンビーク モルディブ モロッコ モンゴル ラオス ラトビア ルーマニア ロシア 鉄道 一人旅 バックパッカー
海外ガイドブックシリーズ別
るるぶ海外版
ララチッタ
タビトモ
地球の歩き方
まっぷるマガジン
ことりっぷ海外版
トラベルデイズ
» 一覧
海外ガイドブック地域別
東アジア
東南アジア
西南アジア
中東
アフリカ
西欧
北欧
東欧
ロシア
北米
ハワイ
中米・カリブ
南米
オセアニア
ページトップ