混浴での良い思い出 2湯目

1: 良スレにしようぜ!: 2013/04/07(日) 09:45:44.63 ID:Q+uo3KhjO
妄想でもいいけど、関係ない話は無しね。
903: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/04(金) 17:48:00.59 ID:EKPqzYCb0
町内会で混浴に行った事が有る。
その時は別に見たい女性もいなかったので、特にどうと言う事なかった。
後から、気になる女性を見つけたので、あの時よく見ておけば良かったと後悔しきりw
904: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/05(土) 23:18:04.36 ID:GsDvsqll0
>>900
基本的には全部グル
あと、足の交換はしていない。
905: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/06(日) 11:15:57.94 ID:PoBg3f5K0
混浴の某露天でのこと。
風呂がすいている宿の夕食時間帯、
露天で一人またーりと過ごしていたところへ
学齢前の男の子二人とその父親らしき若い男性が現れた。
こいつらは、子連れにはCPの悪い宿の食事はパスして、
外食で済ませてきたのだろう。

ガキどもはさっそくと騒ぎ出した。
またーり一転、最悪の環境となり、
こりゃ退散すべきかと思いだしたところで思わぬ展開に。

この露天は、湯船の脇に簡単な更衣棚があって、
そこで、浴衣を脱ぐ構造であるが、
女性だけには、専用の脱衣室が用意されている。

そこから、男の子たちの母親だろう、若い女性が現れたのだ。
しかも、タオル巻では無く、ハンドタオルを前に垂らしただけで。
湯船に身を沈める直前に、ちらっと股間の黒い繁りは見えたが、
浸かってしまえば何と言うことは無い。
親子連れは、俺が浸かって居る場所から少し離れた一角に陣取ったが、
ガキが煩いことに変わりは無い。

暫くして、ガキの一人が尿意をもよおしたようで、
父親の方が、外のトイレへ連れて行くため、二人は湯からあがる。
ガキも一人になると静かになる。
やれやれと落着いたところで、急に残りのガキも「オシッコ」と騒ぎ出した。
「もう、お兄ちゃんと一緒に行けばよかったのに・・・」と母親のつぶやき。
そして、仕方なく、母親たちも湯船をあがった。

入ってきたときと違い、今度は更衣棚の前で、こども身体を拭いたり、
服を着せたりと世話をしないといけない。
しかも、ぐずり気味のガキは、なかなか言うとおりに行動しない。
この間、数分、母親の方は全裸、俺はじっくりと堪能する。
乳はEカップくらいか、子ども二人を産んでいるだけに、ちょっと垂れ気味だが、
揉み心地の良さげな豊乳、同じく腹周りも多少の劣化は有るが、見事なハート型の尻を含めて、
全体的には合格点で、歳のころは20代後半と判断した。
906: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/07(月) 13:02:57.00 ID:oSI6eMTN0
>>905
要するにガキの母ちゃんのハダカを見た。
そういうことだな。
907: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/07(月) 19:00:20.66 ID:rYXF/Gv30
長期滞在の秘湯の民宿の露天風呂で、
夜遅くにまったりしていたら、
「あら、ご免なさい」って宿の娘が入っていた。
こっちに構わず背中を向けて洗っている。
背中に手が届いていないので肩でも痛めた?と聞いたら、
力仕事でちょっと鈍痛と違和感を感じていると返事が返って来た、
手伝って背中を流して下さいと頼まれた。
タオルで背中をこすって悪戯半分肩を揉んだら壺に当たったらしく、
ソコソコと催促が続いた。

私も洗って上げるとこっちを向くもんだから、
こっちが挙動って目をパチクリしていると、
私さんは貧乳が好きだった?と豊かな乳を揺らして笑った。

近所の酪農家に実習に通って
仕事がきつくて悩んでいた時だったから、
これで元気になって卒業して獣医になれたよ、昔話・・・

酪農家の巨乳の娘もたまに露天風呂に入りに来て、
二人に一緒に洗って貰った時は
こっちはネンネの頃だったからまともに顔を上げる事が出来なかった。
もしかして今頃酪農家か秘湯民宿の婿に
なっていたかも知れないと思う時もあった。
908: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/07(月) 19:13:26.55 ID:HkOi+pQS0
つげかよ
909: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/07(月) 23:20:31.68 ID:thdvtMzV0
ヤプーだろ
910: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/08(火) 15:07:09.08 ID:1uaHJwOg0
ヤプーて何かと思ったらヤクザのことか
911: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/08(火) 21:49:46.33 ID:ANZK6pvI0
沼正三先生の傑作のことでは無かったのか。
912: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/12(土) 02:32:50.87 ID:Rw2buf7wO
こんな時間に一人で山奥の秘湯なんか行くもんじゃないな…
行く途中の道から逸れた雑木林のほうからうめき声と数人の怒声が聞こえたからコッソリ見にいったら、40代〜50代であろう男が5人(どうみてもヤクザ)が20代後半くらいのホステス風の女を木に縛り付けて殴ったり罵声を浴びせながら順番に犯してた。
レイプ物のAV作成中かとも思ったが、撮影なんかしてないし…
俺、見つかったらエライ目に合うという恐怖感に耐えながら音を立てないようにその場から逃げ出した。
マジこえーわ…
あの女、大丈夫かな?
無事に開放されるんかな…
913: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/12(土) 02:49:02.21 ID:w/rp5gcY0
事件じゃねーか
書き込む暇があったら通報しろよ
914: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/12(土) 11:21:53.09 ID:4OP3pEfh0
そもそもこれ良い思い出か?
915: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/12(土) 16:00:11.57 ID:V2ilxhmy0
>>912を通報してもよかですか?
916: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/12(土) 16:18:51.81 ID:wKdQepVz0
真夜中の山奥で、明かりなんか無いだろうし、
遠くからコッソリ見て、そこまで鮮明に分かるものなの?

作り話だろう
917: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/14(月) 09:02:44.08 ID:44jddiW20
所々、ありはするよ
918: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/15(火) 22:49:46.74 ID:wN1n5hLx0
日本語でお願い出来ませんか?
919: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/16(水) 14:43:23.62 ID:CjVbD0/H0
あんたが日本語理解できてないだけだろ
920: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/17(木) 21:29:29.27 ID:6fR86FgR0
秘湯なら仕切りが簡単で出入りも出来て半混浴、
何時だったか大雪の頃に雪が女湯に崩れ落ちて来て
悲鳴が聞こえたから救助に入った。

本当にビックリすると力が抜けて声も出なくなって、
マッパがマッパを抱えて奥に避難させて、
冷えた身体に何十っ杯もお湯を掛けてようやく落ち着いて・・
921: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/18(金) 07:26:37.27 ID:HA14VHQQ0
わっふるわっふる
922: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/18(金) 22:05:55.61 ID:sBgDJmDV0
くだらん
923: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/19(土) 13:12:17.36 ID:ejOE5bkP0
俺はバイセクの飲食店経営者、上は改造済みだが、下は男のまま。
躁鬱が周期的に訪れる体質で、鬱時と営業時には女、しかし、躁時には男になる変なオカマである。
先日、俺は常連客の元オコゲ、運転手として同行させた従業員(棹無し)と言う三人で温泉へいった。
彼女が何故「元オコゲ」なのかと言うと、躁時の俺に犯されて男の味に目覚め、
以来、俺の風変わりな性奴隷となっているのだ。

宿に着くなり、部屋で酒盛りとなり、夕餉を過ぎても呑み続けること8時間、
せっかく温泉に来たんだから、湯にも入ろうと言うことになった。
風呂は、調べてみると何種類も有り、中でも露天では升酒サービスなるものもある。
これは昼間だけのサービスらしいが、湯船での飲酒が禁止されていないわけだから、
持込みで呑んでもマナー違反にはなるまい、と勝手な理屈で酒盛り場を移動する。

当然女湯、俺の股間以外は、三人とも女だから。
風呂に着くと先客はいない、これは、酒盛り目的には好都合。
しかし、10分ほどで、20代の二人連れが入ってきたので、微妙な雰囲気に。
えーい、ここは奴らも巻きこんで共犯にしちまえば遠慮することはない。
元オコゲが「一緒にいかがですか」と声を掛けると、二人とも嫌いじゃないらしく酒盛りの場に加わった。

近くで見れば、二人とも20代は後半、看護師仲間で、珍しく夜勤明けが重なって、久々の温泉行とのこと。
少し酔わせたころを見計らって、俺と従業員がオカマであることをバラす。
彼女たちは「キャー」とか声はだしても慌てる風もない、これは職業上の経験からも妥当な女の行動である。
しかし、今の俺は躁状態、男モード、彼女たちの肢体に興味は湧く。
二人とも顔立ちは凡庸だが、エロいスタイルの持ち主、一人はパイパンである。

今宵のセックスは、竿無し、元オコゲ、バイセクの俺とちょっと微妙な三人プレーを予定していたが、
ここにノン気の女二人を加えての乱行は面白い。
俺が、身体がふやけて来たから、後は部屋で呑みなおしませんかと提案すると、簡単に乗ってくる。
俺は立ち上がって、意識的に股間を披露する。
「キャ!」彼女たちは、小さく形だけの悲鳴は上げるが、驚くところもない(まあ、職業上見慣れてるだろうし)。

更衣室で肢体を拭く最中も湯での話題のおしゃべりを続け、ガード無しのフルオープンである。
それに合わせて、こっちもオープン、さすがに竿無しの股間には興味があるらしくチラ見はしているが、
女はオカマ相手だと警戒心皆無になるのが多いのだ。
まあ、これで部屋に連れ込んじまえば、後は何とでもなるだろう。
924: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/20(日) 18:45:20.45 ID:nAiWuxG60
長すぎ、見るのも嫌になる。
925: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/20(日) 22:18:02.50 ID:o9iLHF3E0
面白くないし、そもそもスレチだしね。
926: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/21(月) 03:34:28.10 ID:H2MX/wxY0
もう10年程昔の話
所要で北陸の某市に行くことになり
近くの温泉まで足を延ばして一泊することにした。
用事が長引き、温泉に着いたのは夜の9時すぎ。
大浴場は10時までとのことで、
夕飯を食べていると時間を過ぎてしまう。
が、そこは家族経営の小さな宿、
時間外でも入って構いませんとのことだ。
但し小学生の孫が入って来るので
ご了承くださいと言われ
全然構いませんよと答えた。
土地の野菜と魚を使った夕飯に舌鼓を打ち、温泉に入ったのは10時半頃。

思いもよらず貸切状態の温泉を楽しんでいると、
脱衣場に人の入る気配が。
ああ、小学生の孫が入ってきたんだなと考えていると、
やがて浴室に入ってくる。
「すいません。失礼します」
その声に俺はビクッとなった。
女の子の声だったのだ。
てっきり男の子だろうとおもってたので
少し驚きながらその子の方を振り向くと…
そこには驚くばかりの美少女が立っていたのだ…
927: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/21(月) 10:10:57.59 ID:e47Epp450
つ?
928: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/22(火) 23:15:56.07 ID:EHWVFZAM0
ワッフル
929: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/23(水) 12:29:34.14 ID:TK8G+LYX0
脚を伸ばして座って涼んでいたら、背後から若い男がまたいで行きやがってムカッ!ヽ(#`Д´)ノ
直後にその彼女もまたいでくれて(o´∀`o)
930: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/23(水) 12:38:10.48 ID:TK8G+LYX0
脚を伸ばして座って涼んでいたら、背後から若い男がまたいで行きやがってムカッ!ヽ(#`Д´)ノ
直後にその彼女もまたいでくれて(o´∀`o)
931: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/24(木) 23:33:38.87 ID:3wY6ktuG0
寿司定食
http://blogs.yahoo.co.jp/tsudanuman1974/38934342.html
932: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/28(月) 23:43:09.41 ID:/67IJEUH0
落ちた?
933: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/29(火) 04:05:09.96 ID:6KfcWLFqO
忘れられない思い出…
冬の休暇に山の中、彼女と俺だけで他には客がなく貸し切り状態でのんびり過ごしてた。
正確には猿が数匹と鹿が居たが。
意外と人間慣れしてるのかこちらを気にせずに浸かってた。
鹿の親子がいなくなり、猿の団体もいなくなり、完全に俺と彼女だけになった。
数分後、ザブン!バシャバシャ…と誰かが入ってきた音が耳に。
俺と彼女が振り向くとそこには熊が!
どうやらツキノワグマの子供のよう。
俺も彼女も身動きがとれず恐怖で声もでなかった。
子熊は俺達に興味無しといった感じでジッとしていた。
俺達もジッとしてた。
しばらくするとその子熊は出ていった。
それを見た俺はまだ固まってる彼女を引っ張り、荷物を持ってダッシュでその場を離れた。
あの子熊が戻ってきたり、親が現れて襲われでもしたら大変だから。
ヤンキーやヤクザに絡まれるより怖いぞあれは。
全裸で無防備な状態で野性の熊と混浴だよ…
子熊でさえあれだけビビったからね。
今となっては貴重な体験をしたなと笑い話になってはいるが…
俺的に混浴の思い出といえばこの件だな。
934: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/29(火) 07:12:23.94 ID:9bf1wZRJ0
萎え
935: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/29(火) 08:30:19.72 ID:Rz1arzZI0
クマは冬に冬眠するって小学校で習わなかったのか?
936: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/29(火) 09:08:03.49 ID:0vr8BI160
それはクマったな・・・
937: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/29(火) 11:03:48.41 ID:w10TntgC0
クマんない
938: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/29(火) 19:33:33.00 ID:xNqERmz8O
>>933
子熊に何もしなかったから良かったんだね(^-^)
939: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/29(火) 19:49:47.46 ID:POIX6F5q0
子グマがおうちに帰って親グマに「あそこの温泉に餌が2匹いたよ」って報告してると思う。
940: 名無しさん@いい湯だな: 2014/04/30(水) 23:24:17.02 ID:egBZxgHR0
まあ俺はワニだから熊なんぞには負けんがな
941: 名無しさん@いい湯だな: 2014/05/01(木) 00:13:08.58 ID:99PP76AS0
野生の鹿や猿が入る所に一緒に入るなんて
寄生虫とかの問題もあって衛生的にヤバすぎるんだが
まあネタだろうけど
942: 名無しさん@いい湯だな: 2014/05/01(木) 10:16:45.60 ID:PKdjszl40
ワニ自体が寄生虫だしな
943: 名無しさん@いい湯だな: 2014/05/02(金) 00:51:13.66 ID:nefqV8pdO
ワニとか哀れすぎるやろ…同じ人間として情けないわ
944: 名無しさん@いい湯だな: 2014/05/03(土) 00:12:05.35 ID:HQxRF0LV0
ここはワニとその同類のためのスレだろ
945: 名無しさん@いい湯だな: 2014/05/03(土) 02:05:55.27 ID:UvgquUPJO
うわぁ…キモッ…
わざわざageてまで…
あ、キモいからワニやってるんやな失礼…
この世に生まれてきたのが失敗というか…
間違いの始まりなんやから…
ワニくらいしか楽しみがないんやね…
同類のキモいオッサンやジジイ、またはウメボシババアでも拝んでればいいと思うよ…
そしてスレタイをしっかり把握して良い思い出を語ってくれたまえ
946: 名無しさん@いい湯だな: 2014/05/06(火) 00:05:00.57 ID:OJ/r/88b0
目糞、鼻糞を笑うってやつ?

仲良くやれよカス同士
947: 名無しさん@いい湯だな: 2014/05/06(火) 02:39:10.85 ID:/o27mg1x0
兄貴家族が母親を還暦祝いで温泉旅行へ連れて行くことになった。
母は女手一つで俺たち兄弟を育ててくれた苦労人だ。
大手商社勤めの兄貴(俺はしがない非正規だが)は、
奮発して秋田の某旅館の離れ部屋を押さえ、母親も楽しみしていた。
しかし、リーマンの悲しさ、急な仕事で休みが取れないことに。
せっかくのこと、キャンセルももったいないが、その宿は、県境近くの山奥にあって、
兄嫁の運転技術では無理そう、と言うことで、弟の俺にピンチヒッターの声がかかった。
こちらも貧乏ヒマ無しの忙しさはあるのだが、親孝行、金は出せなくても、運転手くらいは務めねばなるまい。

俺は、幼い甥っこ兄弟の相手もしつつ、馴れない兄貴のランクルを駆って、やっとこさ宿へ辿り着いた。
この宿の離れは、本館から完全に隔離された別棟で歩いて10分はかかる位置にある。
落着いた好い雰囲気の部屋、ただし、今回は甥っこどもが居るため台無しだが。
兄貴は、この悪ガキ兄弟のこともあって、騒いでも宿に迷惑のかからない離れを選んだようだ。
食事の方は料金の割にはイマイチだったが、湯の方は熱からず、温からずの乳白色の硫黄泉、
離れの露天は小さいながらも解放的な造りで、母親も大喜びであった。
もっとも、俺はガキの相手は母親たちに任せ、一人、本館まで行って、そちらの露天を満喫したが。

本館でまったりした後、離れに戻ると、既に母親も甥っこ達も寝入っていた。
昼間、あれだけ騒ぎとおせば、疲れもするだろう。
兄嫁だけが、ピンチヒッターを慰労するためだろう、起きて俺を待っていてくれた。
「今日はお疲れ様、さあ、どうぞ」と冷蔵庫から冷酒と夕飯にも出た山菜漬け用意しはじめた。
兄嫁と言っても、実は俺と同い歳、愛嬌のあるタイプで、風貌はタレントの吉高由里子似だ。
浴衣姿の兄嫁との注しつ注されつは、微妙な雰囲気で落着かない。
一本空けたところで、離れの風呂にも入りたいと言ってお開きに。

さっと湯船に浸かり、見上げれば満天の星と月、こちらは本館の露天より視界が開けている。
と、その時、がらがらと露天への入り口が開く、振り返れば、盆を手にした兄嫁の姿が。
どうやら、冷蔵庫の残りの冷酒を持ってきたようだ。
「風流にお風呂で月見酒も好いんじゃない?」
そう言って、しゃがみ込みながら俺に盃を渡し酌をする。
盃はもう一つ用意してある、じゃあ、と言って酒瓶を受け取り、彼女にも盃を持たせて、再び乾杯。

彼女が二杯目を注ごうとしたとき、それまで押さえていた浴衣の裾が開き、濡れた床に触れてしまった。
「あー、やっちゃった、面倒だから私も入っちゃおうかな」と彼女は言うと、手振りで私に視線を外すよう命ずる。
私が素直に背中を向けると、シュシュッと帯を解く音が、そして、彼女の肢体が静かに湯に入ってきた。
私は再び視線を向ける、乳白色の湯に身を沈めると、月明かりだけの世界なので、首から下は見えないが、
湯面の下には、譬え兄嫁とは言え、生身の女の肢体が有る。

ここで何もしないのは男のは恥、彼女にも失礼であろう、どこまで許す気なのかは知らないが、
先ずは、肩に手を回し引き寄せる。
全く抵抗は無い、次に、顎に手をかけ、そっと唇を合わせる。
これも抵抗なし、湯の中で彼女の全身を抱き上げ、女の柔らかさを味わい、唇はうなじに這わす。
・・・・彼女は、声に為らない声を漏らす。
寝室には、二人の子と姑が居る、滅多な音は立てられない状況なのだ。
再び唇を求めると素直に応じ、舌を入れてきた。
こりゃ、もうやっちまうしかないじゃないか。
948: 名無しさん@いい湯だな: 2014/05/06(火) 06:58:21.96 ID:+Apf0ymk0
>>947
秋田
県境
乳白色
離れ

と言ったらあそこしか無いわけだが離れまで歩いて10分かかるか?
949: 名無しさん@いい湯だな: 2014/05/06(火) 08:55:17.62 ID:BxioGmja0
ゆっくりあるいてもかかるかどうか
950: 名無しさん@いい湯だな: 2014/05/06(火) 16:24:16.92 ID:2HFv/tcJ0
山の宿だろ
951: 名無しさん@いい湯だな: 2014/05/06(火) 16:31:07.00 ID:5SrcZpcQ0
【閲覧注意】手の中から寄生虫が出てくる
http://blog-imgs-59.fc2.com/2/c/n/2cniroiro/6b06152a.jpg

関連スレッド

ページトップ